新人エンジニアが立てるこれからの成長戦略

企業は、事業運営について戦略を明確に打ち立てています。
将来に向けて、どのように事業を進めていくべきかの方針が存在します。
しかし個人となると、そうした大きな目標を立てる機会が少ないのが実状です。
ただ、目標のないままでは、技術者は成長を達成することができません。
どのようにスキルアップやキャリアアップを図っていくかについて成長戦略を立てなければ、能力の向上が見込めません。はっきりとした目標があってこそ、それを達成するために努力する事ができます。

社会人となり、これから新たにエンジニアとして仕事に取り組んでいく人たちは、引退までの間にどのように技術者として自身を成長させていくべきか、戦略的なプランを立てておくことが望ましいです。
またそれは、自身だけで把握するだけでなく、人に評価してもらうことで確かなものになります。戦略を立てたとしても、それが自身の中だけのものであれば、どこか苦しい場面で妥協する可能性が高いです。

しかし、他の人にこれからの技術者としての戦略を知ってもらうことで、挫折を踏みとどまるきっかけになります。
友人や同僚、あるいは家族などにこれから進む指針となる技術者としての戦略を語っていけば、その構想が次第に形となって表れ、最終的に実現する兆しが見えます。新人エンジニアとして前途洋々な時期であるからこそ、壮大なこれからの戦略を立てることができ、それを実現する原動力が得られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です