エンジニアに不可欠な素養は向学心

エンジニアにとってキャリアプランニングは重要であり、企業に勤め始めたらそのままキャリアアップを狙っていくのか、別のIT企業に転職するのか、職種を変えるのか、フリーランスを始めるのかといった選択肢を考え、それに合わせた成長を遂げていく必要があります。
将来設計のための勉強は必須ですが、それを義務として行っていると企業での激務と並立させていくことはまず不可能です。
将来に向けて成功の道を歩んでいくためにエンジニアにとって必要な素養は向学心であり、それこそが成長を促すものなのです。

どんなに忙しい毎日を送っていたとしても、新しいことに興味をもち、知識をつけたり技術習得を行ったりするのに余念がなければ、自然に知識も技術も幅が広がっていきます。
これが出世にしても転職にしても、役に立つ基本のスキルアップになるのです。

世界の最先端の現場で働いているというのは、他のどんな情報源から情報を得るよりも生で役立つ情報を手に入れる手段になります。
それを最大限に生かす貪欲さと向学心があれば、日々の激務をこなしてキャリアを積むだけで将来の道が開けてくるものなのです。

もちろん、最終的には断片的に集まっている知識や技術、経験を統合して方向性を定める勉強が必要になりますが、それを容易にする断片が十分に集まってしまえば大きな苦労をすることなく飛躍的にエンジニアとして成長を遂げ、次のキャリアへの道を歩み始めることができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です